本文へスキップします。

【全】loginBtn
【全】headerLink
H1

多様な主体との連携による雨水流出抑制事例について

コンテンツ
 気候変動の影響を踏まえた雨水管理総合計画の策定を推進するため、「流域治水」の考え方に基づく防災部局、河川管理者、都市計画部局、民間企業など多様な主体との連携により、段階的に安全度の向上が図れるよう、段階的対策計画の検討の必要がある。
 下水道部では、先駆的な事例を行っている都市にヒアリング調査を実施しました。下水道管理者と連携主体との役割分担や整備効果等の優良事例を展開します。
・民間事業者との連携(東京都区部)
・河川部局等との合築(東大阪市)
・河川の調整池と下水道の雨水貯留施設の直接接続等による連携(東大阪市)
・公園・緑地、校庭、駐車場、水田、ため池等との連携(宇都宮市)(飯塚市)