本文へスキップします。

H1

ストックを活用した都市浸水対策について

コンテンツ

ストックを活用した都市浸水対策

 近年、局地的な大雨(ゲリラ豪雨)が頻発し、甚大な被害が発生していおり、早急な浸水被害の軽減と安全対策が必要とされています。

 今後の方向性として、浸水対策施設等の既存のストックを最大限活用しつつ、 計画を上回る降雨に対して減災を図るBCP及びベンチマークに基づくPDCAサイクルによる、”ストックありき”のリスクマネジメントを推進するため、新たな基本的考え方がまとめられています。

 

ストックを活用した浸水対策

  __________________________________________________________

ストックを活用した都市浸水対策機能向上のための新たな基本的考え方(PDF形式:277KB)

概要版(PDF形式:694KB)

参考資料(PDF形式:4,391KB)

 
また、新たな雨水管理計画の策定に向けた取組みとして、平成26年度、平成27年度に実行可能性調査(FS)が実施されています。

新たな雨水管理計画の策定

 
  国交省ロゴ本ページは国土交通省ホームページの情報を利用しています。